17年9月に提出された特許によれば、ブロックチェーン技術を活用して「改ざん防止」台帳を作成する計画が進められている。
またアルファベット(グーグルの親会社)は、透明性を高めた監査レビューのプラットフォームを構築しようとしている。ブルームバーグが21日に匿名の情報源の話として伝えた。