経済倶楽部はこちらをクリック

ホーム

■武田邦彦先生絶賛!「ヘッジファンド式ポートフォリオ構築法セミナー」

特別講演「ヘッジファンド式ポートフォリオ構築法」セミナーのご案内

■インフレ対策セミナー:忍び寄るインフレから資産を守る方法

経済倶楽部特別セミナー 「インフレ対策セミナー」

■仮想通貨の未来像2.0セミナー:支配層が仕掛ける仮想通貨戦争…消えるVS生き残る仮想通貨とは?

特別講演「仮想通貨の未来像2.0」セミナー(オンライン版)のご案内

・・・

【質問】この先、先進国の中央銀行が協力して発行する世界通貨フェニックスコイン的なものが現れると仮定すると、ビットコインは将来的に米国およびファイブアイズ加盟国で取引禁止になる可能性があると思います。その時、一時的に暴落することが考えられますが、中国ロシアやトルコなど米国覇権を良しとしない国々はかえってビットコインを擁護することになり結果的にいたちごっこになるのではないかと見ています。この両極陣営の構図はファーウェイはじめ通信システムやAI技術についても共通するのではないかと見ています。横森さんはどうお考えですか?